先日の、アルコール消毒をボトルに移す作業を終えてから数日後、突然右手の人差し指と中指がしびれ始めました。


今まで散々色んな病気をしてきましたが、「しびれる」というのは経験が無く、これは脳の異常か!?と焦りました。

 

 

3日ほど様子を見ても治らないので、整形外科へ行きレントゲンを撮ってもらった結果、

 

「ストレートネックのせいでしょう」

 

と言われました。

ストレートネックが原因で肩に負担がかかり、神経を圧迫しているらしいのです。

 

 

「脳は大丈夫でしょうか?」と聞くと、


「脳に異常がある しびれの場合、手だけではなく足にも来ることが多いです。あと顔面にもきます。今回の場合は脳の心配はありません。」

 

と言われ一安心。

 

「あまりに痛いようなら飲み薬も出しますが、どうしますか?」

 

と聞かれましたが、軽くしびれるだけで痛いわけではなく、日常生活にも影響無かったので、シップだけ処方していただきました。

 

 

 

さて、それから1ヶ月弱経った現在ですが、手のしびれはひどくなり、指だけではなく腕全体と手も全部しびれます・・・。
おまけに肩が激痛。肩こりというより、筋肉の炎症、という感じです。
(全て右側だけです。)

 

どうしよう・・・
また病院へ行くか・・・でもコロナも怖いから病院に行きたくない・・・と悩む日々です。

 

そしてネットで色々調べてみた結果、今の私の症状にピッタリ当てはまる病気を見つけました。


「頚椎症性神経根症」

 

ではないかと勝手に思ってます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


「頚椎症性神経根症」とは

 

神経根や脊髄が圧迫され、頚や肩甲骨付近の痛みや、頚肩から腕や手にかけて痛みやしびれを生じることもあります。障害される部位により、頚椎症性脊髄症、頚椎症性神経根症と呼ばれます。
(疼痛.jpより)

 


予防と治療は

 

基本的には自然治癒する疾患です。症状が出ないように頚椎を後方へそらせないようにし、適切な方向への頚椎牽引や症状が強いときには消炎鎮痛薬の投薬などが行われます。治るまでには数か月以上かかることも少なくなく、激痛の時期が終われば気長に治療します。

筋力低下が著しい場合や、強い痛みで仕事や日常生活が障害されている場合は、手術的治療を行う場合もあります。
(日本整形外科学会より)

 

 

 

もし私の予想が当たっているとしたら、自然治癒するしかかいようで、またもや気長に付き合わないといけない病気と出会ってしまいました・・・。

とりあえず、首を温めるサポーターと、首を固定するサポーターを注文しました。
それで改善しなければ、MRIのある病院で診てもらおうと思います。

 


こんなに右側が辛いのに、私はGWも仕事です。
コロナで仕事が無くなるかもと覚悟していましたが、予想は大きく外れ、とても忙しくなってしまいました。
このご時世、有難い話なのですが、右腕を休ませる時間が欲しかった・・・という気持ちもあります・・・。

 

けど、コロナ関係で命がけで働いてらっしゃる方も沢山おられるので、弱音は吐かず頑張ろうと思います!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

JUGEMテーマ:健康


        

スポンサーリンク

        

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Archive

Selected Entry

Profile

Search

Other

Mobile

qrcode